MENU

【2021年】INXトークンとは何か?将来性から危険性まで徹底解説!セキュリティトークンについても!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回はINXトークンに関して解説していきます。

期待の大きさから、SNSなどを中心に個人トレーダーの間で急速に認知度が高まっていますが、
『INXトークンって何?』『危なくない?』と疑問に感じる方も多いと思います。

この記事では、そんなINXトークンのすべてが分かるように解説していきます。

また、本記事の内容をYouTubeにもアップしています。
動画で見たい方はコチラからご覧ください。

また、INXトークン購入方法を詳しく解説した記事も作成しました。
購入を予定している方は一読して頂けると嬉しいです。

もくじ

セキュリティトークンとは何か?

INXトークンは、セキュリティトークン&仮想通貨の取引所であるINXが発行するトークンになります。

イメージでいうと仮想通貨取引所バイナンスが発行する独自トークン『BNB』がそれにあたります。
ただし、BNBは仮想通貨ですが、INXトークンは『セキュリティトークン』というのが決定的に違う点です。

少し分かりづらいですよね。
まずは、INXを理解する上でセキュリティトークンが何か?を説明していきます。

まずはセキュリティトークンを理解しよう!メリット・デメリットも紹介!

セキュリティトークンは、
株式や国債・小切手などに代表される有価証券を、ブロックチェーン技術を用いて改ざん不可能なデータにしたものを『セキュリティトークン』、別名『デジタル証券』とも呼ばれています。

なぜ、これらの有価証券をトークン化してブロックチェーン化する必要があるのかと言うと、取引自体をスマートコントラクトで完結する事が出来るからです。

具体的なメリットとして・・・

有価証券をトークン化するメリット
  1. 管理コストの削減。
    煩雑な取引処理を行うための管理コスト(主に人件費やシステム費)がスマートコントラクトの自動化により低減出来る。
     
  2. 取引の即時完結。
    通常、約定から受け渡しまで 3営業日も掛かっていたが即時可能となる。
     
  3. 24時間取引可能。
    従来、平日9時〜15時の取引が一般的だが、自動化され時間の制約が一切無くなる。
     
  4. 投資機会の増加
    スマートコントラクト(ETH)という共通プラットフォーム上でトークン化される事により、グローバルオープンな金融市場に変わり投資機会が増加する。
     
  5. 流動性の向上による取引の安定化
    ①②③④のメリットに伴う流動性の向上により、安定的で活発な取引が可能となる。 
     
  6. 金融商品の多様化
    管理コスト削減や流動性の向上が可能となり、これまで費用対効果の観点から証券化できなかった、あらゆるものの証券化が実現可能となる。
    例えば、個別の美術品や不動産、新製品やイベントまで、会社という枠組みに囚われずに個別のプロジェクトに小口の投資が可能となっていきます。
    よりクラウドファンディングの投資スタイルに近づいていくイメージ。

より安く・より速く・より自由に、投資を行う事が出来るようになるツールが『セキュリティトークン(ST)』というものです。
これが実現すれば既存金融のあり方が大きく変わる。
と言う事は何となく分かって頂けたと思います。

まだ一般には普及していませんが、ドイツのブロックチェーンコンサルティング会社Plutoneoが、フランクフルト金融経営大学とデジタルカストディ・プロバイダーのTanganyと共同で行った調査結果によると、『2026年までにセキュリティトークン市場は現在の仮想通貨市場に相当する122兆円規模に達する』と予想されています。

これまでテクノロジーによる改革に誰も抗えなかった様に、有価証券のセキュリティトークン化は、いかに既得権益が蔓延る金融市場といえども抗う事が出来ない未来だと私は感じています。

セキュリティトークンと仮想通貨の違いは?

『セキュリティトークンがどんなものか?』と言うのは分かって頂けたと思いますが、『ビットコインやイーサリアムを代表する仮想通貨と何が違うのか?』と言う点に関しても解説していきたいと思います。

セキュリティトークンと仮想通貨の違いは?
  1. セキュリティトークンは有価証券扱いとなる為、政府・法律によって取引やルール、資金調達方法まで厳密な規制がある。(日本は金融商品取引法に該当)

    (デメリット)
    ・決められたルールに沿ってプロジェクトを進める必要があるので、進展が遅くフレキシブルな対応が出来ない。
    ・『買い煽り』が禁止される為、過度な宣伝などによる一時的な暴騰は見込めない。

    (メリット)
    ・各国の規制やルールに準拠してプロジェクトを進めるので、規制当局からの横槍が入らず将来的な発展が見込める。(例:バイナンスに対する英国での事業禁止処置などが無い)。
    ・投資家保護を目的とした『インサイダー取引』や、『買い煽り』の禁止も適応される為、仮想通貨市場に蔓延している不公平な取引が無い。
     
  2. セキュリティトークンは、トークン化されたものの価値を裏付けにしているが、仮想通貨には裏付けが無いものが多い。

    (デメリット)
    ・裏付けが存在しているので、瞬間的な暴騰や暴落がほとんど無く短期投資には向かない。

    (メリット)
    ・裏付けが有るので、仮想通貨のように大暴落したり価値がゼロになる事が非常に少ない。
  3. セキュリティトークンは、個人情報の登録が必須となる。

    (デメリット)
    ・個人情報登録の手間が掛かる。
    ・個人情報流出のリスクがある。

    (メリット)
    ・仮想通貨でよく起きる個人ウォレットのハッキングよるトークン紛失も、運営側で対応してくれる可能性が高い。

同じブロックチェーン技術を用いたデータですが、セキュリティトークンは有価証券として、仮想通貨は通貨として扱われます。

セキュリティトークンとは? まとめ

有価証券をブロックチェーンで改ざん不可能にしたデータをセキュリティトークンと呼ぶ。
扱いは有価証券と同じで、金融商品取引法に準拠して扱う必要がある。

(インサイダー取引や買い煽りは処罰の対象となる。)

スマートコントラクトを利用し自動化する事で、コスト削減や流動性の向上、商品の多様化といった変革をもたらす事が出来る。

INXってどんな企業?何が期待出来るの?

これまではセキュリティトークンについての説明でしたが、ここからは本題の『INX』について解説していきます。

INXの企業概要

INXは、セキュリティトークン(株式・デリバティブ)や仮想通貨などのデジタル資産を扱う次世代の取引所になります。

イメージとしては、仮想通貨のバイナンスと、NASDAQのような証券取引所をまとめて、スマートコントラクトで自動化した取引所といった感じでしょうか。

企業理念として、『デジタル資産への投資機会をすべての投資家に提供する事』を掲げており、自由で開かれた市場構築を目的としています。

スクロールできます
項目内容
業種金融サービス
法人拠点ジブラルタル
創立2017年
企業規模社員 51-200名
ホームページhttps://www.inx.co/
出典:https://www.linkedin.com

INXの何が期待できるの?

それでは、具体的にINXの何が凄いのかを解説していきます。

1.ターゲットにしている市場規模が大きい!

INXのターゲットは、仮想通貨・セキュリティトークン・デリバティブの3市場です。
これら市場の規模は・・・

この様に、株式やデリバティブの既存金融市場は、仮想通貨とは比べものにならない程の規模になります。

これらの市場が、一気にセキュリティトークン化の波となって押し寄せてきます。
さらに前述したように、これまで証券化出来なかったような小口の案件も盛んに取引が行われるようになるでしょう。

ここ生まれるビジネスチャンスが計り知れない程大きくなる事は、想像に難くありません。

参考情報:デリバティブ市場とは?

デリバティブとは『金融派生商品』になります。
大きく分けて先物取引、オプション取引、スワップ取引の3種類に分類されます。


引用:https://www.shiruporuto.jp/public/data/encyclopedia/deriv/deriv104.html

2.INXチームがオールスターの布陣!

出典:https://www.inx.co/team

この大きなチャンスを掴み取る事が出来るのか?
その点が最も重要ですが、INXは『それを実現出来る! 』と思わせるような豪華なチームメンバーで構成されています。

INX チーム
  • 共同設立者兼社長 Shy Datika氏 (元 ILSBrokers創設者)
  • CMO Douglas Borthwick氏 (元モルガンスタンレー)
  • 北米CEO Alan Silbert氏(元 Capital OneBank副社長・兄弟はグレースケールやコインデスクの親会社Digital Currency Group創業者Barry Silbert氏)
  • 取締役 David Weild氏(元ナスダック副会長)
  • 取締役 Nicholas Thadaney氏(元トロント証券取引所社長)
  • 取締役 Tom Lewis氏(元アメリトレードCEO)
  • 顧問 Mark W. Yusko氏(モルガンクリークキャピタル創設者、CEO)
  • 顧問 Jason Moon氏(著名ITセキュリティ専門家
  • 顧問 Jameson Lopp氏(著名ビットコインセキュリティ専門家)

この様に、INXの経営陣・取締役会・顧問には、仮想通貨業界と金融業界の著名人たちが名を連ねています。
彼らが築いてきた強力なコネクションが、INXを成功に導くと期待されています。

また、INXに初期投資をしている方々の中には、

  • ブロックチェーンテクノロジー企業Blockstreamの最高戦略責任者 Samson Mow氏 
  • アルトコインの生みの親 Charlie Lee氏

など、の著名人も名を連ねておりその期待値の高さが伺えます。

3.世界初!SECの認可を受けセキュリティトークンでのIPOを実施!

企業の資金調達手段として、新規株式公開 IPO(Initial Public Offering)というものがあります。
これは証券取引委員会により、様々な確認を経てから認可される非常にハードルの高い資金調達法となっています。

ちなみに、仮想通貨ではICO(Initial Coin Offering)と言う名称で資金調達が行われていますが、規制当局による認可を受けていなくても行えるため、詐欺が非常に多く発生しているのが現状です。

そんな中、INXは950日の期間を経て、世界で初めてセキュリティトークンでのIPO認可をSEC(米証券取引委員会)から取得しました。
ライセンスは『F-1』と呼ばれるものになります。

  • Reg-D:適格投資家のみ参加可能 上限5000万ドル制限
  • Reg-A:適格投資家・一般投資家の参加可能 上限2000万ドル制限
  • F-1:適格投資家・一般投資家の参加可能

 適格投資家の定義:過去2年間で個人の年収が20万ドル(1ドル100円換算で2,000万円)または夫婦で30万ドル(3,000万円)以上あり、当年も同等またはそれ以上の収入を維持できる見込みのもの。また個人単独または夫婦で、純資産が100万ドル(1億円)を超える場合も適格投資家と見なされます。

また、企業理念は『デジタル資産への投資機会をすべての投資家に提供する事』と公言しているとおり、一般投資家まで参加可能となる、最も難しいF-1ライセンスの認可を受けています。

これはSEC米証券委員会が『INXに一般人が投資しても問題無い』と判断できる程、事業計画が練り上げられており、目論見書の実現性が高いとお墨付きを受けている。とも理解出来ますね。

この様な規制に準拠しながらプロジェクトを進めているINXは、詐欺とは無縁と言う事は分かって頂けたと思います。

4.その他 INXが期待出来る点!

これまで紹介した内容以外にも、INXの期待できる点がたくさんあるので箇条書きにしていきます。

  • 数十社のトークンがINX取引所に上場予定であり、その中にはFortune 500企業も含まれる。
    ※企業名は発表されていない。
    出典:Yahoo!News
    Fortune 500とは全米上位500社の事(代表例:Amazon・Apple・Walmart etc.)

INXトークンの役割って何?

それでは次にINXが発行する『INXトークン』について解説していきます。

INXトークンとは、INXがIPO等で発行した自社のセキュリティトークン。
つまりINXの有価証券、株に近い位置づけになります。

率直に皆さんが気になるのは、『将来性』では無いでしょうか?
その点に関して詳しく解説していきます。

INXトークンの概要

まずは、INXトークンの概要になります。

スクロールできます
項目内容
名称INX Token
総発行枚数2億枚
(内訳:IPO販売実績 9,500万枚、ロック中 3,500万枚、リザーブ中7,000万枚)
コントラクトアドレス0xbbc7f7a6aadac103769c66cbc69ab720f7f9eae3
ネットワークEthereum・ERC1404(ERC20ベース)
ホルダー数7,383 アドレス (2021年7月19日時点)
Ether scanhttps://etherscan.io/token/
出典: https://etherscan.io

INXトークンの総発行枚数は2億枚となっています。

内、IPOで販売した分が9,500万枚で既に購入者のウォレットに配布済み、3,500万枚が運営と初期投資家の保有分になり6~12か月ロックされています。

残り7,000万枚がリザーブ分で、運営で使わずに保管されておく分になります。
(再度IPOを申請・承認されれば販売が可能となります。)

INXトークンを保有する3つのメリット!

値上がり益 キャピタルゲイン

株や仮想通貨に値動きがあるように、セキュリティトークンも需要と供給のバランスで値動きが発生します。
安い時に購入して高値で売る事で発生する売買差益を『キャピタルゲイン』と呼びます。

INXトークンの価格を予想するのに良い参考となるのが、仮想通貨取引所が発行する独自トークン、通称『取引所トークン』です。
この取引所トークンは、仮想通貨取引所が資金調達を目的として発行しているもので・・・

  • 取引手数料の割引
  • 利益配当(BNB等の場合はバーンによる希少性UP)

などのメリットがあり、これはINXトークンと全く同じ属性のものになります。(違いは仮想通貨か?有価証券か?)

これらのトークンがどのような価格推移を辿ったか?
こちらに取引所トークンの代表6つをまとめてみました。

  • BANANCE 約6,317倍
  • Bitmax 約213倍
  • FTX 約35倍
  • OKEx 約26倍
  • Huobi 約24倍
  • KuCoin 約24倍

コインマーケットキャップの初値からピーク時の価格を比較していますが、見て頂いて分かるとおり数十倍の規模で値上がりしています。

特筆すべきは、仮想通貨取引所トップBANANCEのBNB。
トークン発行からわずか4年余りで6,317倍を記録しており、とてつもない値上がりをしているのが分かると思います。

参考情報:INXがバイナンスと同じ時価総額になった場合

BNBの総発行枚数は2億枚となっており、INXトークの総発行と同等数になります。

INXの時価総額がバイナンスと並んだ場合、トークン価格が同じになりますので73,844円となり、INXトークンのIPO価格0.9ドルから約700倍と言う計算になります。

※単純計算ですので参考程度に捉えて下さい。

仮想通貨に比べ数百倍の市場規模を有するセキュリティトークンの本命INXに、どれだけの期待値があるのか?
是非自身で想像してみて下さい。

配当益 インカムゲイン!

こちらも非常に大きなメリットです。
トークン保有者のメリットとして毎年 配当金を受け取る事が出来、それをインカムゲインと呼びます。

INX配当金の概要
  • 配当金:INXの年間営業キャッシュフローの40%
  • 配当権利者:毎年 3月31日時点トークン保有者
  • 配当日:4月30日までに順次配布

これだけでは、具体的にどのくらい配当が貰えるかイメージが付かないと思いますので、具体的な例を出して試算してみたいと思います。

1つ目は、テレグラム等で運営側が発信している初年度の利益目標43億円を基準にして算出してみます。

参考情報:INXが1年目に目標43億円の利益を上げる場合

・1年目の営業キャッシュフロー 目標 43億円 ×  配当40% = 配当総額17.2億円
・配当総額 17.2億円 ÷ トークン総発行 2億枚(※1) = 1トークンあたり毎年配当 8.6円

つまり、
INXトークン 1枚 あたり年配当が8.6円の計算になります。

※1 トークン総発行枚数は、ロック分や運営保管のリザーブをすべて含んだ最大値で試算

2つ目は、先程と同じくバイナンスと同じ基準で算出してみます。
INXがバイナンスと同じ利益 3,300億円 となる場合 ・・・・

参考情報:INXがバイナンスと同じ利益を上げる場合

・バイナンス利益想定3,300億円(※1) × 配当40% = 配当総額1,320億円
・配当総額 1,320億円 ÷ トークン総発行2億枚 = 1トークンあたり毎年配当 660円

つまり、
INXトークン 1枚 あたり年配当が660円の計算になります。
IPO価格 1枚 約100円(0.9USD)なので、投資額の660% 6.6倍の金額を毎年配当として貰える計算になります

※1 バイナンス利益 出典:コインテレグラフ『仮想通貨取引所バイナンスの21年第1四半期利益は約820億円?=競合が推定 国内業者との差鮮明

このように、とてつもないリターンが期待出来る可能性があります。


しかも、これは仮想通貨市場レベルの話でしかありません。
仮想通貨市場を遥かに凌ぐ株式・デリバティブ市場であればどうなってしまうのか?期待が膨らみますね。

INX取引所の取引手数料 ディスカウント!

INXトークンを使用することで、最低10%取引所の手数料が割引されます。
今後、セキュリティトークンでの投資が一般化していくので、今からINXトークンを持っておくのは賢い選択かもしれません。

また、このような実用性を持たせることで、トークン自体の値下がりを防ぐ効果も期待出来ますね。

INXトークンのまとめ

それではこれまで解説してきた内容をまとめて紹介します。

  1. セキュリティトークンとは、有価証券をトークン化したもの。
    スマートコントラクトによりコスト削減・24時間取引・即時完結が可能となり、有価証券の多様化や流動性増加が見込め、今後世界的にセキュリティトークン化へのシフトが始まる。
  2. INXとは、セキュリティトークン(株式・デリバティブ)や仮想通貨などのデジタル資産を扱う次世代の取引所。
    プロジェクトチームに、元ナスダック副会長を始め、金融機関・企業の重役などが名を連ねるオールスターの布陣で、今後セキュリティトークン取引所の中心的な企業になると期待されている。
     
  3. INXトークンとは、INXが発行するセキュリティトークンであり、毎年INXの営業キャッシュフロー40%の配当や、取引手数料の割引を受ける事が出来る。
    世界で唯一米証券取引委員会SECからのF1ライセンスの認可を受け、セキュリティトークンでのIPOを実施している。
  4. 株式・デリバティブ市場は仮想通貨の数百倍の規模であり、その中心的な取引所となると目されるINXのトークンはキャピタル・インカムゲイン共に大きな期待が出来る。

INXトークン購入方法

INXトークンは、INXセキュリティーズ(旧称Openfinance)でのみ投資が可能です。

以下の記事で、初心者でもINXトークンを購入出来るように、詳しく解説しています。
是非こちらも活用してみて下さい。


その他 関連リンク

以上、INXについての解説でした。
少しでもINXについて知っていただき、興味を持つきっかけになってくれれば嬉しいです。

この記事は、INXの魅力について解説することを目的としたもので、投資を勧めるものではありません。
最終的な投資決定はご自身で行ってください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる